絵画教室アトリエ・バンビーノ−子どもクラスBlog

絵画教室アトリエ・バンビーノは、蒲生俊紀、蒲生由利子が運営する子どもと大人のためのアットホームな雰囲気の絵画教室です。
蔵の街、埼玉県川越の小さなアトリエで、少人数で楽しく学ぶことが出来ます。こちらのブログは、子どもクラスの日々の制作やお知らせのページです。
絵画教室アトリエ・バンビーノ
http://www.atelier-bambino.com/
<< 「名画の模写」 | main | 名画の模写 >>
名画の模写

名画の模写、完成してきました。

油絵の作品は、アクリルガッシュを使って描きました。

 

アクリルガッシュは、とても便利な絵の具です。

例えば、絵具を塗る時、下書きの線が消えてしま

わないように気を使いながら塗りますよね。アクリルガッシュは、本来は不透明絵具ですが、アクリルガッシュを水で薄めて、調整しながら描くと透明な水彩絵具のように下書きを消すことなく、描くことができます。

 

間違ったと思った時、水彩絵具だと筆でこすったりして、画用紙に穴が開いてしまったり、上から絵具を重ねると、下の色と混ざってしまったりするものですが、アクリルガッシュの場合は、ただ重ねればいいのです。

紙に穴が開くこともありません。下の色と混ざりあったりする事もありません。

下の色が濃く、上から薄い色を乗せる場合も水の量を調節することによって、下の色の見え方は自由自在です。

絵具を多めに使い、全く違う色に変える。

少しだけ、下の色が透けて見えるように、水で薄めて描く。

水気を無くして、かすれさせて下の色との効果を見せる。

様々な表現方法があります。

 

高学年になるにつれて、どんどんと慎重に絵を描いていくようになるので、薄すぎて弱い絵になってしまいがちです。

 

そんな時にも、やり直しが容易にできて、微妙な調子も厚塗りも得意なアクリルガッシュを使うと、ヘタに弱い絵にならずに、しっかりと微妙な調子も表現することができます。

 

描きたい、やりたいという気持ちをそのまま表現できるのがアクリルガッシュだと思います。

 

こんな便利な絵具、もっと小学校でも使うようになればいいのに、と思います。

 

小3そなちゃんの作品ーレオナルド·ダ·ビンチ「モナ·リザ」

 

小4りこちゃんの作品ーピカソの作品の模写

 

小1こうたくんの作品ー伊藤若冲の作品の模写

 

小5ゆうみちゃんの作品ーマチスの作品の模写

 

小2ももかちゃんの作品ールソーの作品の模写

 

小3めいかちゃんの作品ーレオナルド·ダ·ビンチの作品の模写

 

小3ゆうあちゃんの作品ーマチスの作品の模写

| 絵画 | 14:40 | - | - |
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE